交通事故の加害者側からの車両保証に不満で弁護士を立てた(体験談)

自動車の任意保険に加入する際に車両保険を付ける人もいれば、保険料が高くなるからと付けない人もいます。
この車両保険というのは自分の車を直すためだけではなく、万が一交通事故が起きてしまった際に先方の車両を修理する際にも活用できるものですが、被害者になってしまった場合には、加害者側がどれだけの車両保証に加入しているかによって補償される金額が変わってきます。

加害者からしっかりとした車両故障が行われて頭にきてトラブルになり、弁護士を立ててやっと補償された

今となっては不景気社会の中で高級車などに乗ることはできませんが、僕が免許を取得した頃はまだ経済的にも余裕があったため、高級車に乗っていました。
高級車といっても、世界的に有名な高級車だったのですが、この車を所持している時に交通事故の被害にあい車が傷だらけになってしまったことがあります。

もちろん僕が自分が加入していた保険は車両保険をバッチリかけていたのですが、この事故の時には僕が被害者になったので自分の保険を使って車両を修理するのはためらいました。
車両保険を使ってしまえばそれ以降の保険料も高くなるし、上記の通り車が車だったのでただでさえ、保険料がとても高くこれ以上高くなってしまうのは困ると思っていました。
ところが、加害者が加入していた保険会社側から連絡があり、加害者が加入している車両保険では十分な補償ができないため限界まで修理費用は支払うけれども、それ以上足が出た部分については支払うことができないので、諦めて欲しいといった内容を聞かされました。

諦めて欲しいと言われたところで簡単にあきらめることができるはずはありません。
何度も保険会社と交渉し、保険会社が支払えないのであれば足りない部分は加害者本人が払うように保険会社と話し合いをしてくれと頼んだのですが、当然加害者側としても、経済的な事情などで支払うことはできないといつまでも話が進んでいかないので、あまりにも腹が立ち、弁護士に相談することにしました。
その結果、最終的には保険会社が全面的に負担する形で解決したのですが、それまでは本当に保険会社が逃げ腰でとても腹が立ちました。
最終的に車をしっかりと修理してもらったことで、僕も満足したのでその他特に怪我などもなく慰謝料などについても保険会社に掲示されて金額で納得し、示談を成立させたのですが、やはり高級車となると修理費用も莫大な金額になってくるため、保険会社としても支払を渋るようです。

それ以降は高級車に乗ることもなくあんなにも腹が立つ思いをすることがありませんし、おそらく今後もないと思いますが、高級車に乗っている人はこうした部分も気をつけたほうが良いと思います。
自分の保険を使えば直すことはできたのですが、やっぱり被害者としては加害者に責任を持って直してもらいたいものですよね。

事故の被害者が高級車に乗っている場合には上記のように修理費用などについてトラブルになってしまうケースもあるようです。

特に一つ一つのパーツでさえ数万円から数十万人が必要になってくるような高級車の場合には保険会社の支払う金額を渋ってくることがあります。
それでもやはり保険会社なので被害者側が弁護士を立てて十分な補償を請求することによって、保険会社側としても自分たちの会社のメンツがありますから、支払わないわけにはいきません。
上記のようなケースで弁護士が入り実際に裁判になれば、当然ながら保険会社敗訴することが分かっているので弁護士が入った時点で修理費用を全面的に保証するという結果になったのではないでしょうか。

ここまで徹底的に被害者が行動を起こさないと十分な補償が受けられないというのは何だか理不尽に感じてしまいますが、保険会社もやはり自分たちの会社の利益などを考えながら補償問題についてを検討していますので、こうしたトラブルに直面してしまった場合にはいつまでも交渉を続けるだけでなく、早々に弁護士を立てて法律的な部分から補償問題について指摘してもらうのが1番なのかもしれません。”